自分からは話さない、踏込すぎない!プロカウンセラーの聞く技術とは

21879viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロカウンセラーの聞く技術

自分からは話さない、踏込すぎない

ほとんどの人は、聞くより話をする方が好き。

 聞き上手、相手に負担を感じず話したくなる。
 あなたからは話さない。まずは相づち以外はしゃべらない。

自分のことは話さない。

 自慢話を聞くと好感をもたれるが自慢話を話すと嫌悪感をもたれる

聞かれた事しか話さない

 話し手の話に反発してはいけません。
 理想を言うなら反発を感じてもいけません。

聞き出そうとしない

 「肝心なデータ」がでてこない話は、それが出てくるまで待てばよい。

ASKするな、LINSENせよ

 質問ばかりしないで、相手の意図に沿うように聞く。

質問には2種類ある

「幸運の女神は前髪をつかめ」「急がばまわれ」のように相反する答えの
 どちらも正しいようなことは幾つもあります。
 心の問題は原因を1つに絞っても意味がないことが多い。

他人のことはできない

 上司や教師自身の不安が大きいほど、口やかましく干渉しがちになる。
 このことは聞き手モードになることである程度抑えられる

評論家にならない

 正論は自分では痛みを感じず他人に痛みを押し付ける。評論家は傍観者。

情報以外の助言は無効

 「廊下を走るな」のようなわかり切った助言は無意味。
 情報のみをつたえる。

相手の話は相手のこと

 相手の愚痴にいちいち反論しない。

説明しない。

共感

肯定的な相づちをうつ。

「うそ~」は否定的ニュアンスになるので年配の方は快く思いません。

相づちの種類は豊かに。

 「明快に」「短く」「要点をつかんで」「相手の使った言葉で」。
 「わかるわかる」を連呼すると反感を買う場合がある。
 (人の心は究極的にはわからない)

避雷針になる

 ぐちを自分に積極的に落としてもらう。

相手の話に興味を持つ。

教えるよりも教えてもらう態度で

共感とは芝居上手

嘘はつかない、飾らない(素直に)

素直に聞くのが極意

聞き上手に上下関係なし

言い訳しない

 言い訳は信頼回復の役に立たない。
 その理由が正当だとしても
 相手に迷惑をかけている場合は言い訳はまったく通じない。
 「みだりに約束するな」は聖人の警告。

その他

したくない話ほど前置きがながい

話を聞くのはパワーがいる。真剣に聞けるのは1時間以内。

 集団の和には個人の成長が必要。
 成長とは「独居して孤独にならず」。

寡黙と「いま・ここ」の感覚

沈黙と間の効用

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く