食事を変えて健康になる! ナチュラルハイジーンという考え方

4245viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
50代からの超健康革命―「第二の人生」を幸福に過ごすために

ナチュラルハイジーン

朝はフルーツ、組み合わせを守るというシンプルな食事の法則で健康になる考え方です。以下ナチュラルハイジーンを理解するためのポイントを紹介しています。

寿命

・人は生物学的には120-160年生きられる。一般に成熟するまでに要する年月の6-8倍生きられる。
・老衰は生き物本来の死に方。

健康

・食事や生活習慣の選択が、身体にふさわしくないため、身体の自然の防衛力を破壊し病気になる。
・体内の状態が汚染されると病気になる。病気は体内に排泄されない老廃物が溜め込まれている結果。
・細胞の衰弱の要因は睡眠不足。

食事

・体液は弱アルカリ性。
・断食は消化器官の活動を休ませることで、自然治癒のメカニズムを最も強力に発揮できる。果物とフレッシュジュースは可能。
・人は果食動物で、50%は果物、40%はミドリの草や葉、5%は根菜類、残りが動物性食品だった。
・ファイトケミカルは植物の香りや色素の成分。色の濃い野菜と果物は特に豊富。
・人の身体は一日0.5gしか塩を必要としない。
・コーヒーの代わりにハーブティーを飲む。
・血糖値を下げる(糖尿病)果物の食べ方は、レタス、セロリ、きゅうり、白菜と一緒に食べる。果物は一日3-4個まで。
・果物は熟す段階で、自らの食物酵素によって炭水化物を果糖やブドウ糖のような単糖類に変える作業がすんでいる。
・空腹のときにだけ食べる。よく噛み、食べ過ぎない。
・脳が食べたことを感知するまでに、20-30分かかる。
・肉はオーガニックのもの。魚は天然のものを選ぶ。刺身はOK.
・電子レンジは栄養も健康も破壊する。
・アルミニウム調理器具は使わない。痴呆症になりやすくなる。ステンレス製かガラス製がよい。
・蒸留水がよい。浄水器を買う。
・クレンジングデイを設ける。終日生の食べ物のみ。
・加熱したものをとるのは昼食よりも夕食にする。
・朝の果物は一種類の果物を2-5個が目安。二つ以上混ぜると消化が複雑になる。

感想

ナチュラルハイジーンという食事の考え方の本。消化エネルギーを考えて食事をすると結構痩せます。朝に果物のみ食べるのはかなりオススメ!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く