「人生を楽しむ」ための30法則のポイントまとめたよ!

16159viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
「人生を楽しむ」ための30法則

概要

「本来の人生は「修行」のために設定されているものではありません。『人生は楽しむもの』」

心学研究家、コンセプター、デザイナーである著者は上記のように語ります。

本書では、人生を楽しむための30法則をまとめられています。

以下、印象に残った箇所を抜粋して紹介します。

幸せ

◆幸せという名の現象は存在しない。「私」がそう思ったときに初めて誕生します
 ・これが理解できた人は、無限の幸せを手にすることができる

◆何が正しいのか問いかけるよりも「私」がどう生きるかだけ考えて生きるほうが楽しい
 ・そのほうが、周りの人間関係も社会の約束事も、スムーズに流れていきます

笑顔

◆笑顔を投げかける
 ・世の中には伝染しやすいものが3つあります。一つ目があくび。二つ目が不機嫌。三つ目が笑顔。
 ・家族に笑顔を向けて、温かさを投げていくと、それを見ている家族もだんだん笑顔になる

使う言葉

◆肯定的な言葉を使う
 ・その人が日常口にしている言葉が好きなのだ、と認識されてその通りに動くようになっている。それが宇宙の法則です
 ・「嬉しい、楽しい、幸せ、大好き、愛している、ありがとう、ついている」とくり返し言えば、その通りになる

甘える

◆甘え合って生きていい
 ・人間社会というのは、人の間で生きているのだから、甘え合って生きていい
 ・できることは自分でやりなさい、ではなくて、まわりの人ができることはまわりにやってもらう
 ・「俺がやらなくて誰がやるんだ」とよく言います。自分がやらなくても誰かがやってくれる

感謝

◆感謝を使いこなす
 ・地球上に何億種類という生物がいる中で「感謝」という概念を使いこなすことができる生物が人間
 ・ヒトが感謝をした瞬間に「ヒト+感謝=人間」
 ・感謝は義務ではなく、権利。その権利を使いこなしていったほうが楽しい

仲間

◆本当の幸せは、良き仲間に囲まれ生きること
 ・自己達成ではなく、人の間で生きていて、その人たちは皆温かくて、愛情に満ちている、そういう人に囲まれていること
 ・良き仲間とは、同じ方向を向いていて、同じ価値観で生きている人。同じ話題を笑顔で話せる人
 ・競争したり、競ったり比べあったりするのではなく、良き仲間、同じ価値観を持っている仲間に囲まれて生きていく

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く