英語は「やさしく、たくさん」おぼえよう!英語学習5つのポイント

2871views高円寺狂輔高円寺狂輔

このエントリーをはてなブックマークに追加
英語は「やさしく、たくさん」―中学レベルから始める「英語脳」の育て方 (講談社パワー・イングリッシュ)

はじめに

「難しく少し」の訳読式の日本での伝統的な学習スタイルではなく「やさしく、たくさん」への転換を唱えるのが本書。最終目標は「難しい」を「たくさん」

ポイント

・ポイント1
  耳にタコができるほどの多聴の与える脳内変化
・ポイント2
  英語漬けで「英語脳」を育てる・多読/多聴のススメ 
・ポイント3
  基礎の重要性。やさしいほうが吸収度は高い。中学英語の教科書も侮れない。
・ポイント4
  高度な語学力を求めれば求めるほどに、基礎が大事になってくる。基礎レベルはどこでも高頻度ででてくるし、この基礎レベルを速く正確に理解できないと、高度なレベルを吸収するのに時間をとられてしまう。吸収度が落ちる。
・ポイント5
 訳読式ではない直読直解式は、はじめは苦しいが慣れてしまえば、むしろ楽。

感想

英語をやり直そうと考えている人に特におすすめ。すぐに読める本でとても薄い。ノウハウ本ではなく語学のなんたるかに力点が置かれている観があり、読んだからといって即効性のある勉強法が掴めるとはいいがたいけども入り口となる世界観は確固としたものなると思う。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く