ライフログとは?100円ノートにログを記録するときのポイント

6275viewsmarumaru

このエントリーをはてなブックマークに追加
人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ

はじめに

ライフログの意義、書き方の本。最近では、スマートフォン・Evernoteなどを駆使したライフログも流行っているが、そういう人にもお勧め。

ライフログとは?

・ライフログとは、自分の身の回りに起こったことや見聞きしたことを、できるだけそのまま記録すること。

・「空気(雰囲気・臨場感・感覚)」を残すには、アナログ手法(紙)が良い。

・なぜ書く
  何気なく過ぎ去っていく日々を、「確固とした体験」にすること。
  書いてみることで「しっかりやっている自分」を認める

何を書く

・睡眠と飲み食い
・自分の行動と状況
・思ったこと、考えたこと
・社会や世間のニュースも記入しておく
・買ったもの
・旅先の記念スタンプ

記録するときのポイント

・3ヶ月たっても、何のことか分かるように書いておく。
 ①固有名詞
 ②Why・How
この2つを意識する。

・時間を書くときは、「まで」・「今」・「から」
 ・・・いつからだっけ?がなくなり、いつでも書くことができる。

・記号を使う
 (例)「・」事実
    「@」場所
    「☆」意見・感想

・書くだけでなく、「貼る」。毎日アルバムを作る感覚。

いつ書く?

×行動の切れ目。
○ふとしたとき(電車を待っている時間、エレベータ待ちの時間etc)

読み返す方法

・目的を持ってノートを開く(読み返す)
  (食べたモノに着目、アイデア探し等)

・寝る前に15分読み返す

・何年か前の今日の日付のノートを読み返す。

その他

ノートの選び方、便利な文具の紹介などもあります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く