原作者による原作クラッシャー!「僕は友達が少ない ゆにばーす」

1835viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
僕は友達が少ない ゆにばーす (MF文庫J)

概要

『僕は友達が少ない』初の公式アンソロジー

いま大注目の作家たち4人(裕時悠示、渡航、志瑞祐、さがら総)によってによる夢の共演が実現した一冊。

また原作者平坂読&ブリキも参加しています。

「ふふん夜空、あたしに友達ができたわ」「あ? そう?」

◆あらすじ
とある夏の放課後隣人部のメンバーがいつもの通り部室でまったりとしていた。

そこへメンバーの一人である星奈が叫ぶ。

「聞きなさい愚民ども! ついにわたしに友達ができたのよ!」

ただ全く相手にしない他のメンバーたちであったが、どうやら届いたメールを確認する限り本当に「トモ」と名乗る女の子から連絡があった。

そして今度の日曜日にその友達であるトモちゃんと出合うことになったのだが……。

◆読むポイント
・隣人部にはあるまじきハートフルな作品となっています

◆作者
裕時悠示(『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』他)

ぼっちは変化球が投げられない

◆あらすじ
羽瀬川小鷹が隣人部の部室へ入ると夜空が読んでいた文庫本を閉じる。

「リア充、それはつまりスポーツだ」

謎の結論を出した夜空であったが、夜空に説得をされたメンバーは全員で野球をすることにしたのだ。

九人で行うというスポーツであるルールすら知らないのに……。

◆読むポイント
・涼宮春日の憂鬱も、アンジェラビーツも、スカイドライバーもどっかで聞いた作品のようだけど、他人の空似です。

◆作者
渡航(『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』他)

三二四駆

◆あらすじ
ある日の放課後隣人部の部室へ行くと夜空とマリアが『バーコード執事』という昔流行ったゲーム機で遊んでいた。

どうやら学園の倉庫を掃除していたら出てきたらしく、それを引き取ってきた。

他に何があるのが探っていると『ミニ四駆』ではなく、パチものである『三二四駆』もそこにはあった。

せっかくなので作って、みんなで遊ぶことにしたのだが……。

◆読むポイント
・レッツエンドゴーが好きだった世代にはたまらない作品となっています

◆作者
志瑞祐(『精霊使いの剣舞』他)

将棋は楽しいなあ!

◆あらすじ
とある夕方小鷹が商店街の福引を引こうとすると福引所のお兄さんがビビって4等賞をプレゼントしてくれた。

翌日、貰った4等賞――将棋セットを隣人部の部室へ持参した。

ルールを知らないメンバーもいるので一週間後に隣人部内で将棋大会を開くことになるのだが……。

◆読むポイント
・将棋の駒の『王』が他の駒に囲まれているのを見ただけで、こいつはリア充とか思える夜空さんはもう尊敬できます

◆作者
さがら総(『変態王子と笑わない猫。』他)

魔法少女 うんこ☆マリア 第一話『浣善腸悪! 魔法少女マリア』

◆あらすじ
小鷹の妹であるマリアがある日、古本屋へ出掛けるのだがそこには黒いドレスの少女がいた。

マリアがいくら話をかけても少女は無反応であったため、マリアは姉ケイトから教わっていた秘儀を繰り出す。

「かんちょーっ!」という名の……。

◆読むポイント
・夢であったような……話ってことで許してください

・ここまでパクレば、もう何も怖くない

・いくら原作者が書いたからって、こんなの絶対おかしいよ

・私って本当にバカ……というかこれはアウトです!

◆作者
平坂読(『僕は友達が少ない』他)

感想

最後の原作者による原作クラッシャーぷりが凄まじいです。
アンソロジーとはいえ、ここまで設定を大胆に変更するかと驚くばかりでした。
三二四駆は世代の私にはたまらない話でした。

僕は友達が少ない ゆにばーす (MF文庫J)

僕は友達が少ない ゆにばーす (MF文庫J)

  • 平坂読,裕時悠示,渡航,志瑞祐,さがら総

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く