まだ〈彼ら〉に騙されるの?

796views青リンゴ君青リンゴ君

このエントリーをはてなブックマークに追加
99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!

簡単に言うと、左翼寄りの思想本です。

ポイントは3つです。

1.グーミン

2.〈彼ら〉の思惑

3.グーミンから抜け出すために

1.グーミン

グーミンとは愚民のことです。

筆者は人類の99%がグーミンだと言います。

何故、こんなにグーミンが多いかと言うと、〈彼ら〉が作り出したからです。

〈彼ら〉とは何者かと言うと世界の富裕層です。

例えばロークフェラー兄弟。

では何故、彼らはグーミンを量産したいのでしょうか?

2.彼らの思惑

〈彼ら〉がグーミンを量産したい理由は、世界を簡単に操りたいからです。

例えば、日本では3S政策があります。

「スポーツ」 「スクリーン」 「セックス」

無思考で楽しめることを国民に広めることで国を簡単に操りたい思惑があります。

規模は違えど〈彼ら〉と同じ発想です。

〈彼ら〉は情報を隠すことでグーミンをつくってます

3.グーミンから抜け出すために

グーミンから抜け出すために最も重要なのは"疑う"ことだと言います。

アインシュタインはこう言いました。

「常識は15歳までに身につけた偏見のコレクション」

ニーチェはこう言いました。

「事実は存在しない。あるのは解釈だけ」

つまり、上の者が都合よく作り出した"常識"と"解釈"を我々が享受しているだけです。

常に疑い、学び続けることで〈彼ら〉の呪縛から解き放たれると筆者は言います。

感想

シミュレーション仮説が存在するように、そもそも宇宙は"プレーヤー"が作ったものではないかと考えてます。

上には上がいることをこの本によって再認識しました

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く