まだ仮想通貨持ってないの?

754views青リンゴ君青リンゴ君

このエントリーをはてなブックマークに追加
これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話 [kindle版]

簡単に言うと仮想通貨を通して未来を予測する本です。
ポイントは3つです。

1.仮想通貨  2.トークン  3.評価経済

1.仮想通貨

仮想通貨は2008年に発行されて、2016年ごろから多くのひとに認知され始めました。

堀江貴文さんは2011年から仮想通貨を所持しており現在も持っているそうです。

彼は仮想通貨を投機だと言います。仮想通貨が浸透するのは時間の問題だと言うのです。

それは仮想通貨が画期的なシステム(ブロックチェーン)によって生み出された新たなお金の形だからです。

仮想通貨があれば世界中の人と繋がれますしネット社会と相性が良いです。

スマートコントラクトと言って、面倒な商品手続きもなくなるので便利です。

2.トークン

トークンとは、現金以外のお金です。仮想通貨もトークンです。

これからはトークンエコノミーの時代だと言います。

もし現金が完全になくなって、全て仮想通貨になったとしましょう。

すると、銀行が必要なくなり政府の力も弱まります。

現金は管理する大元の存在が必要ですが、仮想通貨にはいりません。

煩わしい決済手続きがなくなり社会は効率化するでしょう。

3.評価経済

今は資本主義経済といって金持ってる奴が偉いみたいな風潮がありますが、仮想通貨が浸透すればそれはなくなります。

より多くの人から信用を得る人が強くなります。

お金の本質は信用です。

現金がなくなれば日銀への信用がなくなります。

その代わり、仮想通貨への信用があります。

仮想通貨は世界で活発に循環するため信用が多い人に集まります。

好きなこと、得意なことをやって人に価値を与えられる人は信用されます。

そんな人に仮想通貨は集まるのです。

感想

仮想通貨により、信用を売る評価経済が浸透すれば組織に縛られる人は減るでしょう。

私の未来予測では明るいです。

恐らく10年後の日本人が今の日本人を見たら、「なんでこんな馬鹿げた労働をしているんだろう」

と思うはずです。

着地点見失いましたが、要するにお金の形が変われば社会の形も変わる。それに伴い、人々の生活は一変するということです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く