2020になっても読んでない人は必ず読むべき本

996viewsS15ES15E

このエントリーをはてなブックマークに追加
FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

この本の概要

 この本にはデータの見方について書かれている。「データ」と聞くと難しく感じるが、ここで言う「データ」は日々のニュースや有名人の発言などである。

 あたりまえと思っていた考えがひっくり返される本であり、現代のメディアによる印象操作を見抜くのに大きく役立つ。あなたが聞いた、見た「データ」はほんとに現実でそうなってますか?

 情報が多く流れるようになった今もう一度「データ」の見方を見返しましょう!常にネットの情報に騙されない自信がある人も、最初の数十ページで今までの認識をひっくり返される人がほとんど間違えないです。

感想

 いかに自分の情報量があまいか最初の数ページから驚かれされました。1つのデータに簡単に縛られないことが大切と分かるとても良い機会になりました。

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

  • ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く