ケーキを切れないとはどういうことか

1359views下戸田マタタビ下戸田マタタビ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)

非行少年とは

軽犯罪、重犯罪問わず少年院にいる多数の少年少女たちを見てきた筆者。非行少年たちは程度の差はあれ知的障害や発達障害を抱えている子が多いと言います。そのため家庭や学校で孤立し、ストレスの吐口として犯罪に走るとのこと。

非行少年たちの更生とは

障害のせいで物が正しく見れない彼ら。複雑な図形を見せて模写させると、全く違う図形を描くそうです。それだけ自分を取り巻く環境が歪んで見えているということだと筆者は言います。
また、ホールケーキを三等分にしてください、という問いにたいしどう切ればいいかわからない子が多いそうです。タイトルにもなっているケーキの切れない非行少年とはこういうことです。このように思考に柔軟性がないというのも家庭や学校で孤立する要因だと言います。
想像力の乏しさから反省ということができない彼ら。反省を促す更生ではなく、社会で孤立しない支援が必要だと筆者は述べています。

まとめ

「人を殺してみたかった」や「イライラしてやった」という理不尽な理由の犯罪が増えています。その背景には、このような障害に気づかず社会から孤立し、ストレスに苛まれ事件をおこした子がいます。事件を起こす前にこういった子たちの存在に気づき対策をしてくことの重要性が本書では書かれています。子育てしているご両親や教育関係者に関わらず、こういった子たちの存在を知り、考えるということが重要なのかもしれません。

感想

自分の周りにはいない非行少年。こんな風に物事を考えているのか、こういう子がいるのか、と発見と気づきでいっぱいの作品でした。この作品に出てくる非行少年に限らず、SNSで炎上している人や身近にいる変わった人たちもこういう思考なのかな?とか、人の見方に幅が出た気がします。難しすぎず、さらっと読めるのでとてもよかったです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く