人間のいらない世界

1804viewsさばねこくんさばねこくん

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI vs. 教科書が読めない子どもたち

序盤はAIの仕組み。
AIはいわゆる計算機で人間がいちから
教えていかなくては理解できないことがある。

例えば似たような言葉などはAIには理解ができない。
全部、同じだと判断してしまうそうだ。 
例え、意味が全く違ってしまったとしても。

それを、私たちの暮らしのなかでも身近な
スマホの音声アシストやGoogle翻訳などの例えで
分かりやすくAIの弱点を解説してくれている。

そして、AIの強み。AIは単純計算は大の得意。
将来、ホワイトカラーといわれる銀行やパソコン作業などの職業は
10年後にはAIにとって変わられてしまいなくなってしまうということ。


すると、残るのはメンタル関係や介護員など、人と関わる職業だけが取り残されるが
それらの仕事さえ読解力のない人たちができるだろうか?という、問題定義本である。
 

しかし、ゆとり世代の私でも驚く
確かに教科書への読解力はなかったかもしれない。数学の問題文とか苦手だったし。

でも、さすがにここまでは間違えないでしょと思ったが
実際の教育現場で働く教員が最近の子供たちは
読解力や漢字の読み間違えなどが多いという記述を読んだときはさすがに驚いた。

日常で使うような漢字も読めない生徒もいるようで
確かにこれでは、教科書は読めない。 

私が子供のころは雰囲気を「ふいんき」と読む人がたくさんいたけど
「ふんいき」だと憤慨したことがある。

もう、私の世代から始まっていたのだ。さすがにこれは怖い。


他にも 
生物などの科目の回りくどい問題文を読むと頭がゴチャゴチャに
なってしまい、整理しながら理解することができない人もいふようだ。

 それも、経産省の官僚、某新聞社の論説委員までが。

感想

要するに、話の深いところまで理解できず
表面しかとらえられないような印象を受けとることができないということなのだろう。

確かにこれでは、複雑な人との仕事などは不可能かもしれないと
少し怖くなってしまった本でもある。

小学校にプログラミング授業を導入だと話題にもなっているが
それよりも、読解力を身につけさせないと
AI並の読解力しかない人間になってしまうのではと著者も危惧している。

AIがとって替わり、人と関わる仕事だけが残されたのに
それすらできないという、未来がきそうでやや心配だ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く