欲は持ちすぎても,無くしてもいけない

2912viewsslainteslainte

このエントリーをはてなブックマークに追加
億男 (文春文庫)

宝くじに当選し,3億円を手に入れて
お金の使い方に窮し,お金と幸せの答えを探そうとする話.

登場人物(いずれも億万長者)のキャラが濃くて楽しめた.

仮に,3億円手にしたとして
欲しいものを挙げた場合,それは本当に欲しいものなのか.
無理やり金を浪費しようとして考え出しているものかもしれない.

ちなみに主人公は弟の借金を肩代わりしたために
家庭が崩壊し,3億円で元の家庭を取り戻そうとしている.

それはお金で買い戻せるものなのか.

ここに,欲のあり方が絡んでくる.
借金のために自分の欲を無くし,昼夜,仕事漬けの日々を送る主人公.
彼を変わってしまったという妻.もう(欲の無い)あなたとは生きる欲を追い求めることはできないと.
欲は持ちすぎても,無くしてもいけない.
そして適度な欲を維持するには,3億円は人によっては多すぎる.
そういう慰めを一般人にもたらす.
実際,宝くじで3億円手にした者と,自分の創意工夫で市場で3億円稼ぎ出した者とは
お金のあり方が全く違う.前者は使い方も分からず金を失うことを恐れ
後者は,場合によっては,それを手放すリスクにも耐え得る(また稼ぎ出す)実力がある.
同じ3億円でもあり方が違う.
しかし,例えば株取引で大当てした場合と宝くじに当たった場合は
近い状況とも言える.そして株でなく,何かしらヒット商品を生み出して稼いだ場合も
全く運によらないものとは言い切れない.
実力や自信とは曖昧なものだ.
結局,お金に翻弄されるのは,避けられないかもしれない.
そして実地で体験した後に,人それぞれ,解答らしきものに近づいていくものかもしれない.

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く