クラウドの衝撃の書評・感想

1984views安田征司安田征司

このエントリーをはてなブックマークに追加
クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった

はじめてクラウドという言葉を聞いた時に読んだ本です。
プライベートクラウドとパブリッククラウド、SaaS、PaaS、IaaSというものについて、詳しく説明されています。
それぞれの内容について詳しく書かれており、クラウドを解説する本の中では一番よくまとまっていると思います。
具体例を示したり、図表やデータが多いため、非常に分かりやすく説明されています。
クラウド特有の制約条件やサービスレベルも示されており、今後の課題も明確にされています。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く