誰もが「四次元ポケット」を手に入れる時代がくる!?

1523viewsともとも

このエントリーをはてなブックマークに追加
「まだない仕事」で稼ぐ方法 (ワニプラス)

ドラえもんの「ひみつ道具」はいくつあるかご存知ですか?

なんと2000種類を超えるそうで、驚きですね。

ただし、それよりももっと驚くべきことがあります。

この2000種類以上の「ひみつ道具」の中の5%、
100種類以上の道具が、現代社会で商品化されたり、
実現していることを著者の吉角さんは述べています。

吉角さんは「テック(技術)」という
最新テクノロジーを活用することに対して
意欲的に研究して事業に組み込んだ結果、

アジア各国、ヨーロッパと幅広く取引を行い、
現在、年商10億円の成功社長となっています。

この本では、そうした吉角さんがこれまでに
成功するきっかけとなった「テック」を活用するために
必要なことを教えています。

本書の面白いところは、
「テック」を使ってビジネスモデルをつくる
という、一見難しい内容を、冒頭で述べている
ドラえもんの話を交えて、わかりやすく、
楽しく書かれているところです。

人はどこかで、新しいものに対しての
不安や心配があると思います。

しかし、最新の技術は必ず人々の生活を助け、
人生を豊かにします。

本書でも語られていますが、
今、「ユーチューバー」という職業や
「クラウドファンディング」という資金調達法など、
稼ぎ方がどんどん多様化しています。

そして、最新の技術によって、
今まで人間がしてきたことのほとんどは、
AIによりバトンタッチされます。

その時に、人間にしかできないことは何か、
それは「未来予測」「想像力」であり、
新しい物事にワクワクする「妄想力」なのだと、
この本を読んで私は感じました。

本書は、あらゆる可能性を捨てずに「妄想」して、
新しいものにワクワクしてチャレンジできる、
そんな一歩を踏み出すための1冊です!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く