リスクをしっておくべき共有名義

121201viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
正直不動産 (6) (ビッグコミックス)

リスクをしっておくべき共有名義

 不動産を共有名義にすれば、夫婦それぞれで住宅ローン控除が受けられるという大きなメリットがある。ローン残高の1%が十年間減税される(所得税・住民税)。加えて相続にも有利で、夫または妻が死亡した場合、所有名義分だけに相続税が適用され、半々であれば単独名義の半分にまで減るのである。

 しかし、離婚した場合には大きな問題が発生する。夫婦の一方が売却を望んでも、相手が拒否した場合、売却はできない。加えて、住み続ける側が単独ローンを組む場合には、新たに金融機関に審査を受ける必要まで生じるのである。
 さらに言えば、相続によって将来的に名義人が増えていく可能性もある。名義人が増えるということは、それだけ処分が難しくなるということなのである。
 結婚という祝い事と同時期に考える必要があり、「将来離婚する場合」という話はしにくいため、あまり触れないことが多いが、実は重要なテーマなのである。
 共有名義にするかどうかを夫婦で十分に話し合い、こうしたデメリットを念頭に置いて万が一離婚となった場合にはどうするか、なども決めておいたほうがいいだろう。
 むろん、文章化し、信用できる第三者にも保持してもらうぐらいの慎重さが必要だ。

埋蔵文化財は隠蔽すると法律違反になってしまう

競売でも任売でも、必ず借金が消えるわけではない

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く