7分の1の人はロボットとセックスすることを妄想したことがある

271viewsphfpaopoayaphfpaopoaya

このエントリーをはてなブックマークに追加
マザーズ スピリット2 (CHARA コミックス)

4000人以上のアメリカ人に対する調査によると、14.3%の人はロボットとセックスしていると妄想していて、ロボットとセックスするという考えはSF小説で出てきたが、だん現実になっている。今、新しい調査によると、7分の1の人がロボットとセックスしようとしたことがある。

 この調査は、社会心理学者のジャスティン・レミラー博士が『何が欲しいのか教えて』という本のために行ったものです。Lehmiller博士は米国人4000人以上の性妄想データを収集し、14.3%の人がロボットとの関係を妄想していることを発見しました。セックスロボットは3 Dでプリントされます。このようにリアルで、ぞっとするほどリアルなセックスロボット(ラブドール)ですが、このような幻想には、両性の間に明らかな違いがあります。ロボットと遊ぼうとしている女性は10.7%で、男性の17%が希望を表明している。Lehmiller博士は次のように述べています。

 「人間がロボットのセックスに興味を持っていない理由の1つは、(性や性的傾向にかかわらず)セックスを通じて、渇望、アイデンティ、ダッチワイフ、性的能力、または愛されることなど、セックスを通じて感情のニーズを満たそうとしているからだと思います」と述べています。「70%以上の参加者が、感情のないセックスを妄想したことがない、ということは、私たちの幻想には、感情成分が含まれていることを意味します」と、ロボットの頭を動かすことができます。https://www.saikodoll.com/

 しかし、Lehmiller博士は、これが現実にラブドールとの関係が発生するのはまだ早いということを強調しています。彼は「ロボットが未来の性生活において最終的にどのような役割を果たすのは時期尚早だと言いますが、これらの数字は、私たちが聞いたセックスロボットの革命は少し誇張されているかもしれません」と補足している。https://www.saikodoll.com/collections/dutch-wives-dolls

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く