大事なのは“退場しない”こと

95234viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
高卒製造業のワタシが31歳で家賃年収1750万円になった方法!

社会人になってからの通信簿は「預金残高」と、「源泉徴収」の金額と、「勤続年数」です。
融資申し込み欄に「学歴」を記入する欄はありません。
「東大卒だから1憶貸してあげます」ということにはなりません。

勉強会に入ってメンタルブロックが外れる

一人であれこれと考えて前に進めないでいる人には、勉強会に入ることをおすすめします。
その中で「この人のようになりたい」というメンターが見つかれば、最短最速で目標に近づくきっかけになります。
 ただし、勉強会といいながら、実は素人に物件を売り込むビジネス目的という会も多いので、そこは要注意です。
 ひとつの見分け方としては、その地元で長く続いている会で、メンバーの目がぎらついていないということがあります。
 会長やメンバーのブログやフェイスブックの書き込みなどを見ても会の雰囲気がわかるので、自分に合うかどうか、下調べをしてから参加してみるといいと思います。

不動産投資で成功しているメンターや先輩と付き合う

 不動産投資で成功するにはどうすればいいと思いますか?
 と訊かれたとき、すぐに思い浮かぶのは、「正しい目標設定」と、「いいメンターを選ぶこと」です。
 メンターというのは、お手本でもあり、先生でもあります。
 独学で進めるのももちろん悪くありませんが、その場合にも勉強会などで、相談できる「不動産投資で成功している先輩や友人」を作っておくことをおすすめします。

相談する相手を間違えてはいけません!

 ポイントとしては、しつこいようですが、不動産投資で成功している人で、目が優しい人(笑)がいいと思います。
 前の頁で勉強会に入ることをすすめましたが、そういうところでの評判もとても重要です。悪い噂はすぐに広まるので、実績もないのに偉そうなことを言っていたり、顧客をお金儲けの道具にしか思っていないコンサルタントを排除することができます。
 ちなみに、私は不動産投資をすることを両親には相談しませんでした。
 金持ち父さんの本にも書いてありますが、「一番高くつくのは、投資をしたこともない人たちの無料のアドバイスだ」と思ったからです。
 やったこともない人に、「危ないからやめろ!」と言われるのも嫌ですし、それでやる気をなくすのもイヤでした。

最初は小さく始めよう

 最初は小さな目標を立てて、少しずつ大きな規模に挑戦するのがおすすめです。
 大事なのは“退場しない”ことです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く