幸福にあるためのお金の使い方5つ

2685viewsyouyakunyouyakun

このエントリーをはてなブックマークに追加
「幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY

経験を買う

 ・モノ(家、高級万年筆)を買うより経験(旅行、コンサート、特別な食事など)を
 買う方が幸福になる
  喜びを与えてくれる経験は、
 ①社会的な繋がりが生まれる経験
 ②思い出話しになりそうな経験
 ③自らが望む理想の自分像に結びつく経験
 ④滅多にないチャンスを与えてくれる経験
 

 モノを買うことによる満足感は、時間の経過とともに減少する傾向にあるが、経験を買うことによる満足感は時間が経過すると増していく

ご褒美にする

 ・大好きなものに手が届かないように制限をかけると、新鮮な喜びを味わえ、喜ぶ能力
 が再生される
  どんなに価値のあるものでも、何度も繰り返し遭遇するとインパクトは弱くなる

時間を買う

 ・お金を使う前に、「これを買ったら、私の時間の使い方はどんな風に変わるだろうか」
 と自分自身に問いかけてみよう
 ・時間の余裕が、仕事と私生活の満足度を高める
 ・時間給制は、時間とお金を交換可能と見做すことであり、幸福の観点からは有害

先に支払って、あとで消費する

 ・お金を先払いし、消費を後に延ばすことによって、期待に満ちたワクワクした気持ちを
 持ち続けることができる
 ・幸福を与えてくれる3つのパターン
 ①支払ったものに対して期待がう眩むような要素を見つけられる機会が提供される場合
 ②支払ったものに対して涎が出るほど楽しみになり、実際に消費した際に喜びが増す場合
 ③消費する経験自体はかなり短時間に終わってしまう場合

他人に投資する

 他人のためにお金を使うと、自分自身にお金を使うよりももっと幸福感が得られる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く