お金はブーメラン!もっとお金を使おう!

2864viewsえるえる

このエントリーをはてなブックマークに追加
人生を変える、お金の使い方。

貯蓄よりも投資。これは現代ビジネスパーソンにとっていまや常識である。20代がやっておくべき”投資”について著者・千田琢哉は断言する。「お金は勉強と環境に投資せよ!」使えば使うほど人生が最大化する、本当のお金の使い方を大胆かつ実践的にコーチ!

目次<抜粋>

Chapter1:お金は、ブーメランである。

  • お金を使うということは、ブーメランを投げる行為である。
  • 棚ボタとは、先行投資の忘れ物か、神様からの先行投資のどちらかだ。
  • 損をした原因は自分自身にある。
  • 迷ったら、形のないものにお金を使う。

Chapter2:仕事を最大化する、お金の使い方。

  • 最初から大金を払わない。
  • 防音・耐震・セキュリティがしっかりした環境だと、集中できる。
  • 会社の経費だけではなく、自腹でも学ぶ。
  • 非礼があったら、菓子折りよりも仕事を発注させていただく。
  • 「お金の問題じゃない!」と叫んでいる相手は、お金で静かになる。

Chapter3:時間を最大化する、お金の使い方。

  • 移動中は勉強ができるように工夫を凝らす。
  • 特別座席料金は、快適さの保険料である。
  • 職住近接、職住一致を実現させると、収入がアップする。
  • 二流ホテルのセミスイートより、一流ホテルのデラックスルーム

Chapter4:人間関係を最大化する、お金の使い方。

  • 物をプレゼントするより、知恵をプレゼントする、
  • いい顔をして、与えすぎてはいけない。
  • 「ラクに儲かるおいしい話」を運んできた人とは、二度と会わない。
  • 圧倒的実力をつけて、あえて少し負けてみる。
  • 金銭トラブルを起こした相手とは、絶縁しろという啓示である。

Chapter5:恋愛を最大化する、お金の使い方。

  • 無理に高価なものをプレゼントすると、それが分かれのきっかけになりやすい。
  • プレゼントは値段よりも頻度、そして頻度よりもストーリーで決まる。
  • 一流の異性に出逢いたければ、結局は頭脳が決定打になる。
  • お金を使って教養を身につけるのは、大切な人と知恵を分かち合うため。
  • 年を重ねても寄り添い続けたければ、教養を磨き続ける以外に道はない。
  • 勉強にはまとまった時間が必要であり、時間はお金で買うことができる。

Chapter6:人生を最大化する、お金の使い方。

  • 自分で決めた貯蓄を超えた分は、勉強台としてすべて使い切る。
  • この世で最強の投資は、本である。
  • 確かに経験は大切だが、読書はそれ以上に不可欠である。
  • 一流の先生は、さらに超一流の先生から教わっている。
  • 感想

    「お金の問題じゃない!」と叫んでいる相手は、お金で静かになる。

    この言葉が印象的で、思い当たる節があって(父がよく言う)
    皮肉が最高に効いてた。なるほど。
    サクッと読めて、わかりやすいので万人にオススメ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く