世界最大級の運用会社バンガードの社外取締役などを歴任した著者による、個人投資家向け株式投資バイブル

2632viewsEiji-KEiji-K

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理

「一般の投資家によって個別の株式銘柄を売買したり、積極運用される株式投信で儲けようとするよりはインデックスファンドを購入する方が遥かに良い結果につながる」

ランダムウォークとは何か

ランダムウォークというのは、「物事の過去の動きからは、将来の動きや方向性を予想することは不可能である」ということを意味する言葉である。これを株式市場にあてはめると、株価を”短期的”にどの方向に変化するかを予測することは、難しいということだ。言い換えれば、専門の投資顧問サービスや証券アナリストの収益予測、複雑なチャートのパターン分析などを用いても無駄だというこことである。

株価分析の2つの手法ーテクニカル分析とファンダメンタル分析ー

将来の株価動向を正確に予測し、売り買いの的確なタイミングをつかもうと、人々は絶え間なく努力を重ねてきたが、大多数の人はテクニカル分析とファンダメンタル分析という2つの手法のどちらかを用いるのが普通だろう。
テクニカル分析とは、一言で語るとすれば株価チャートを作り解釈することだと言える。この分析手法を信じる人は株価の動きの内、合理的な説明がつく部分はせいぜい10%程度で、残りの90%は心理的な要因によるものとする。つまり投資のゲームに勝つコツは、他のプレーヤーたちの行動を読むことだと考える。
一方、ファンダメンタル分析を信奉する人たちは、その対極に位置し、株価の動きの90%は合理的なもので、心理的な要因によるものは10%にすぎないと主張する。彼らの関心は株式の適正価値はいくらかということにのみ向けられ、過去の株価のパターンはどうでもよいのだ。

どちらの手法を使うにしても、多くのアナリストは株式の銘柄が”割安”かどうか判断するためにいくつかの方法を組み合わせて用いることが普通である。
1: 今後5年間以上の長期利益成長率が市場平均以上の銘柄を買うこと
2: 株価がファンダメンタル価値以上になっている銘柄には手を出すな
3: 他の投資家が「砂上の楼閣」を作れるようなストーリー=バブルを描ける銘柄を探そう

投資家のライフサイクルと投資戦略ー成功するための3つのルールー

資産アロケーションを決定するにあたりに下記の3つの原則は念頭に置くべきである。
1: 歴史の証明するところによれば、リスクとリターンは正比例している。
2: 株式も債権も、投資のリスクは投資期間に依存する。投資期間が長いほど、リスクは低下する。
3: ドルコスト平均法(一定の金額を決まった時間の周期、毎月や毎四半期ごとに等額ずつ買い続ける投資手法)は株式・債権投資のリスクを有効に軽減する。

ウォール街に打ち勝つためのアプローチ

1. 「市場そのものを買う」
インデックスファンド投資は積極運用されるファンドよりも安定的に年平均2%近くも高いリターンを上げている。これにはファンダメンタルな必然性があり、1つは運用手数料の低さ、もう一つは売買コストの低さである。市場平均で毎年毎年同じ成長率で投資を行えることは非常に大きな魅力である。
2. 有望銘柄の探し方
1: 少なくとも5年間は、1株当たり利益が平均を上回る成長を維持できることを期待できる企業の株のみを購入すること
2: 企業のファンダメンタル価値が正当化できる以上の値段を払って株式を買ってはならない
3: 近い将来「砂上の楼閣」づくりが始まる土台となるような、確固たる成長見通しのある銘柄を購入すると良い
4: なるべく取引回数は減らすべし

感想

元々この本は、自分が頻繁に拝見していたブロガーの葉子クローデンさんの記事で紹介されていたことから読んだのだが、株式投資について非常に体系的に知識が詰まっており、投資を始める個人にとっては必読の1冊だと思う。
本で伝えたい内容として、①インデックス投信は3分の2以上のファンドマネージャーの運用成績よりも良いため筆者として最もおススメ、ただし②個人投資家として株式の将来価格を予想したい、そして大きなリターンを得たいという考えにも強く共鳴しており、そのための原則をまとめてくれている。また③株式投資にはついて回るリスクに対してどのように軽減させるのかにつていも詳細に述べており、個人的にはすっと腹落ちする納得の内容の1冊だった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く