「アマゾネス」と異名をとる女警部が八歳の少年を連れて、殺人犯から逃げる、逃げる…。

1164viewsaki3@LAaki3@LA

このエントリーをはてなブックマークに追加
逃亡刑事

千葉県警の組対で薬物事件を扱う有能な刑事、生田が射殺体で発見された。

その殺害現場の目撃者として、八歳の少年、御堂猛が、
千葉県警総裁一課の女警部、高頭冴子の前に現れる。
猛は、児童施設から脱走中に殺人現場に居合わせてしまった。

話を聞こうとする高頭だが、猛は犯人に命を狙われる羽目に。
さらに、敵は、高頭に殺人事件の濡れ衣まで着せようとするのだ。

高頭は猛を守るため、そして犯人を追い詰めるため、
猛を連れて、逃げる、逃げる…。

そんな二人を助けるのは、ヤクザや西成地区のホームレスたち。
果たして、二人は逃げ切れるのか…。

感想

難しく考える必要もない。

複雑な展開のない痛快な読み物として、久々に単純に楽しめた。

主役の女警部、高頭冴子と、八歳の少年、猛との絆がどんどん、
太く、強くなる光景に胸が熱くなる。

「アマゾネス」との異名をとる伝説の刑事、高頭のキャラも、もの凄くいい。

また、ひょんなことから高頭を支援してしまう暴力団宏龍会、
渉外委員長の山崎や、佐古ジイ、センセイといった、高頭に肩入れする男たちも面白い。

文句なしに楽しめるエンタメ作品である。

逃亡刑事

逃亡刑事

  • 中山 七里

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く