大化け株狙いなら、特徴を押さえる

55693viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
“普通の人

初心者でも大化け株は取れる あなたにも探せる7つの特徴

①成長著しい嫌なライバル
 あなたが働いている業界で、格下でありながら急成長している嫌なライバル企業があれば、かなりの有望株といえる。業界に精通しているあなたが「嫌だ」と感じることこそ、その企業が優れてる証拠だ。「業界の秩序を乱す」などと文句を言う前に、その株を買い、ビジネスモデルの研究でもした方が、あなたの仕事にも有益だろう。

②他者技術の利用が得意
 株式投資で魅力的な企業は、意外にも革新技術の提供側ではなく、利用側に多い。例えば米アップル(AAPL)の人気商品「iPhone」は、800社以上の日本の企業に支えられている。もちろん、最も儲かっているのは日本企業ではなく、アップルの方だ。株価は1999年以降100倍以上に上昇し、時価総額は世界一となった。

③右肩上がりの棒グラフ
 私は企業のホームページを調べる中で、長期にわたって右肩上がりの棒グラフを見ると、つい興奮してしまう。私の大好きな企業は、情報システム構築支援を手掛けるコムチェアのように創業以来10年以上着々と成長を続け、上場後もかなりの長期間、その傾向を維持しているタイプだ。このようなグラフを見つけたら、ピンとくるようにしよう。
 また、このようなタイプの企業は時間をかけて株価を上昇させるため、短期トレードではなく、長期投資が有効だ。

④まるで話題に上がらない
 株価は、企業の成長と割安な株価の是正という2つの要因で上昇する。同じ成長株を買うなら、株価は割安な方がいい。だが、割安な株は当然、市場で人気がない。ただし、それは今人気がないというだけで、今後も人気がないわけではない。あなたの独自の視点からは有望なのに、市場で話題に上がっていない株が見つかれば、じっと持ち続けよう。将来、市場がその成長性に気づいた頃には、株価は数倍に上昇しているはずだ。

⑤行列、売り切れ、予約待ち
 これまで鳴かず飛ばずだった企業が、ある日、とても上手に市場のニーズをつかむことがある。株価は急上昇し、一躍スター株に変身するが、そんなの夢のような出来事の兆しは身近なところから始まる。欲しい商品がすぐ手に入らず、予約待ちや行列に並ばないと買えない。そんな光景を目にしたら、その商品を提供している会社のことを調査すればいい

⑥常習性や中毒性のある商品
 食品や外食の銘柄を狙うなら、おいしさよりも、つい口に入れてしまう常習性や中毒性に着目しよう。コーヒー、たばこ、ポテトチップス、トンカツ、激辛、健康食品・・・。常習性の高い食料品は必ずしもおいしさで買っているわけではないが、提供企業の株価は長期的に堅調なことが多い。

⑦有望株の周辺に次の候補がある
 近年、小売り・外食セクターから、テンバガー(10倍株)が次々と登場している。背景には、複数の技術変化や構造変化がある。こうした変化は同時に複数の関連企業にも大きな変化をもたらす。たまたま有望株を一つ見つけたら、成長構造を吟味し、よく似た構造の関連企業を探すと、次の大化け株を見つけられる可能性がある。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く