銀行預金金利はほどんど0%で、預貯金でお金を増やすことはできない

125675viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
株初心者も資産が増やせる高配当株投資 (高配当&堅実成長で値上がる銘柄の探し方)

高配当株の買い方・売り方とタイミング

高配当株の買い時① 数字の裏付けのある好材料が出たときに買い
高配当株の買い時② 押し目の底や市場が急落したときに買い
高配当株の買い時③ 中期的な下落の底を打った時に買い

高配当株の売り時① 利益が乗った時は利食い売り
高配当株の売り時② 大きな悪材料が出たら売り

これから注目の投資テーマと高配当株の多い業種

注目されそうなテーマ① 資源・電気自動車・インフラなど
注目されそうなテーマ② 金利・シェアサービス・IOTなど

NISAなら非課税で投資できる

 日本では個人の金融資産が貯金に偏り過ぎています。しかし経済を活性化するには、個人から企業への直接投資が増えることが必要です。そのために個人にも投資してもらおうと、あの手この手の誘導策が打たれています。

 その1つが、個人の投資に関する税金を優遇することです。株の売却益や配当には約20%の税金がかりますが、これを軽減することで、個人にとって投資しやすい環境になります。

 2014年には、NISA制度が導入されました。NISAを利用すると、毎年120万円までの投資元本について、非課税期間である5年間、売却益や配当に対する税金が0になります。
 すると、最大で600万円の非課税投資枠が利用できるわけです。高配当株に投資する上で、配当も売却益も非課税になるNISAは強い味方になります。

正しい知識で慎重に投資しよう

 ただ、これから株式投資を始めたとして、株式市場が数倍に上がる可能性は高くないでしょう。ここまで株価が相当に上がっているので、「伸びしろ」が少なくなっているといえます。

 むしろ、「買った株が値下がりして損失になってしまった」という結果になることも十分に考えられます。特に、正しい知識を持って、無理のない株式投資をする必要があります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く