犬猿の仲と言われる、警視庁と神奈川県警のハグレ刑事が手を組む、それだけで、ワクワクする展開だ。

1237viewsaki3@LAaki3@LA

このエントリーをはてなブックマークに追加
マトリョーシカ・ブラッド (文芸書)

クセの強すぎる刑事が、ワンサカ登場してきて、ゾクゾクする。

その一人一人が、組織の闇に押しつぶされそうになりながらも、
刑事であること、刑事であり続けることにこだわり、苦しみながらも、
自分なりの決着をつけようとする。

そんな彼らの、苦しい息遣いが、すぐ隣に感じられそうで、ホント、
(二度目ですが)ゾクゾクするのです。

神奈川県の通信指令センターに匿名の通報が入る。
「五年前、陣馬山に遺体を埋めた。…埋まっているのは香取富士夫だ」。

その名前を聞いた神奈川県警の彦坂巡査部長は、愕然とする。
それは、五年前、彦坂も加担した、県警が隠蔽した案件の関係者だった。
そして、白骨遺体とともに、血の付いたマトリョーシカが発見される。

動揺する神奈川県警だが、さらに第二の事件が。
今度は、八王子で惨殺死体が発見され、現場には、第一の事件と関連を示すように、
マトリョーシカが残されていた。

発端の事件をあくまでも隠そうとする県警上層部に対し、
刑事としての自分を見失いそうになりながら、最後は、真相の究明に立ち上がる彦坂。

八王子署刑事、いいとこボンボンの六條と、コンビを組む警視庁捜一の変わり者、辰巳。
この二人が第二の事件から捜査を進めていく。

そして、事件の結末に納得がいかない六條が、彦坂と辰巳を巻き込んで、
最後の決着をつけようとする場面では、ゾワっと、鳥肌が立った感じがした。

感想

犬猿の中とか言われる、警視庁と神奈川県警、
そんな中、一筋縄ではいかないような「はぐれ刑事」が手を組むなんて、
どんなことをやってくれるのだろう、読む前から、なんか、ワクワクした。

六條が見た結末は…、
組織の闇ではなく、人間の、一人の人間の業だということが、かえって、
ああ、警察小説を読んだ、という気にさせてくれた。

唯々、刑事であるがために突っ走った男たちの、その後が知りたい…。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く