ネットの物件情報は画面をスクショしておこう!

73955viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
正直不動産 (5) (ビッグコミックス)

AD物件

 ◆AD物件(アドバタイズメント:広告料)とは貸し主や管理会社がなるべく早く借り主を探したいので、広告料という名目の紹介料と不動産会社に払うから、頑張って借り主を早く探してくださいねっていう物件。

 ◆マイソク:物件概要、間取り図、地図などの物件情報が載った資料のこと。

ex)AD200
家賃1カ月分を100と表記する。
つまりAD200なら家賃2カ月分の紹介料を支払うということ。
仲介会社である不動産屋は仲介手数料が収入源です。しかし、AD物件であれば、貸し主から広告料をいただいているので、借り主から仲介手数料をいただかなくても収益を確保できる。つまり、仲介手数料ゼロになる可能性がある。

※最近はADの意味を知っているお客様も増えたので、そういう物件が仲介手数料ゼロであったり、仲にはフリーレント物件として、最初の何カ月か家賃がゼロという物件まである。

中抜き

①売り主と買い主が結託し、ダイレクトで売買するパターン
②売り主と買い主と不動産営業が結託するパターン
→中抜き自体は違法とは言い難いが、訴えれば、中抜きに関与した人は、本来支払うべき仲介手数料と訴訟費用を支払わなければいけない。

再建築不可

 再建築不可とは、もし火事で家が全焼したり、地震で全壊しても、この土地に新たに建物を立て直すことができない。

 ※旗竿地は危険
 建築基準法第43条の規定で建築物の敷地はいくつかの例外を除き、幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならない。
 接道間口に関してある2mあれば問題ないが、建物に通じる通路の途中で幅員2m未満の箇所があると、接道義務を果たしていないことになり、再建築不可物件とされる。

 ※取得時効
 塀が建って20年経っていれば、何よりも現状が優先される。経緯はどうあれ、せり出した部分も隣の家主の土地になる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く