築5年でリノベーションって…

74721viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
正直不動産 (4) (ビッグコミックス)

欠陥マンション

◆リノベーションとは本来はプラスαの新たな機能を加えて価値を向上させる意味合いがある。

◆見物状況調査(インスペクション)
改正宅建業法で説明が義務化された。
①重要事項説明時
 宅建業者がインスペクション実施の有無、結果を説明(仲介業者がいる場合は、媒介契約締結時に宅建業者がインスペクション業者の斡旋の可否を示し、媒介依頼者の意向に応じて斡旋)
②売買契約締結時
 基礎、外壁等の現状を売り主・買い主が相互に確認し、その内容を宅建業者から売り主・買い主に書面で交付

※海外では売り主とインストラクターとの癒着が横行したため、売り主ではなく、買い主が業者に依頼する形で調査が行われることがほとんど。

インスペクターとは、国が指定した講習を受けた建築士(既存住宅状況調査技術者)
調査費用は大体5~6万円。
日本では、売り主側から拒否されれば調査自体できない。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く