待望の、探偵「杉村三郎シリーズ」の最新刊。人の悪意は、すぐ目の前にある…。

1813views退会済退会済

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日がなければ明日もない

待望の杉村三郎シリーズの最新刊。

「絶対零度」「華燭」、そして表題になっている「昨日がなければ明日もない」の三編が収められている。

どれも、心のどこかにゆがみを持つ女たちが描かれる。

そのゆがみは毒を放ち、周囲の人を巻き込んで傷つけていく。
傷は浅くもあり、深くもあり、子どもでも大人でも構わず、痛みを与える。

そして最終的には、自家中毒のように、自らも破滅するのだ。

この作品に描かれるような人物が周りにいたとしたら、何と恐ろしいことか…。

妬み、そねみや嫉妬など、負の感情を抱きかかえながら、周囲に腐臭をまき散らしていく人々。

こうした人々の存在がミステリーのネタになるのだが、
杉村シリーズでは、どの作品でも、こうした人の悪意が見事に描かれている。

そんな中にあって、杉村三郎は淡々と、探偵の仕事をこなしていく。

悪意を目の当たりにしても、取り乱すことなく、落ち着いている。

それはこれまで、彼が多くの悪意と対峙してきたからなのか、
それとも、何事も受け止めてしまう性格のせいなのか。

感想

悪意を持つ人物ばかりではない。

この作家さんの作品には、どれにも、魅力あふれる登場人物が現れる。

今回、気になるのは、大家の夫人、竹中松子だ。
人間的な深みを感じさせながら、どこかしら、チャーミングだ。

誰かに似ているような気がするが、思いつかない。

彼女が絡んでくる作品を、もっと読みたい。



関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く