白骨死体と共に埋められていた将棋の駒。その駒の出どころを探して、刑事二人が靴をすり減らす。

1886viewsaki3@LAaki3@LA

このエントリーをはてなブックマークに追加
盤上の向日葵

後半まで被害者の身元は明かされない。
誰を、誰が殺したのか。

山中から発見された白骨死体。
死体と共に、高価な将棋の駒が埋められていた。

それは、数百万円の価値があると言われる名工の作品だった。

優秀な頭脳を持ちながら、過酷な環境を生きなければならなかった男の人生が、
平行して語られる。

そして、被害者、「誰を」が分かったとき、すべてが明らかになる。

プロ棋士を目指すも、途中で挫折し、警察官になったという変わり種の刑事、佐野直也と、
傲岸不遜、上の者でもかみついていくが、腕は一流のベテラン刑事、石破剛志のコンビが、
遺留品の駒の持ち主を求めて、地道な捜査を続けていく。

感想

ギリギリの崖っぷちで生きる、あるいは生きてきた男たちの結末は、ある意味、切ない。

この作品を読んで、ふと、松本清張作「砂の器」を思い出した。

ワタシには、将棋の知識は全く無い。
もちろん、読みごたえのある作品だったが、
少しでも、知識があったなら、作品の醍醐味をより味わえたのだろうか。

盤上の向日葵

盤上の向日葵

  • 柚月 裕子

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く