科学とは意外と実態のないものなのかもしれない

2278viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
賢者の石、売ります

羽嶋賢児は、大手電機柴田電気の社員である。大学卒業後、民間の調査会社に就職し、そこから引き抜かれ、中途採用として転職した。調査部で成果を上げ、昇進となり、配属されたのは、賢児がもっとも、忌み嫌う、似非科学商品の最たるものである、美容家電を扱う部署だった。似非科学商品を会社から、無くしてしまおうと、考える賢児。似非科学を憎悪するのは、幼き頃の友人、蓼科譲と、鉱物を商いとする父の影響が少なからずあった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く