今日からでも貯蓄を始めることが非常に重要なのだ。

26118viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理

財産の健康管理のための一〇か条

第1条 元手を蓄えよ

 安心できる財産運用のための第一条件は、継続性のある貯蓄計画をできるだけ若いうちに始めることだ。ハッピーリタイアメントに至る唯一の確かなよりどころは、投資の元手になる資金を、時間をかけて着実に貯蓄することなのだ。それなのに、この第1条を守る人は非常に少ない。

第2条 現金と保険で万一に備えよ

第3条 現金預金でもインフレ・ヘッジ

第4条 節税対策と年金制度の活用

第5条 運用目標をはっきりさせる

 投資プロセスの中で、ほとんどの人は運用目標をしっかり設定することの重要性を理解していない。その結果大きな失敗を犯しがちである。運用を始めるに当たって、まず、自分はどこまでリスクを取るべきか、そして自分の所得税率の下でどんなタイプの投資の組み合わせが最適なのかを、はっきり認識しなければならない。

第6条 マイホームの活用

第7条 債権市場に注目

 現在のような低金利下では、債券運用の一部を安定した配当利回りの株式で代替えすることを進めている。それによって全体のリターンは向上し、リスクは抑えられるのだ。異常時には教科書的な運用ルールにとらわれずに、少し工夫を加えることが必要だ。

第8条 金、ダイヤ、書画骨董、コレクター・アイテム

 この市場はスピード勝負でプロたちは大いに儲けているが、個人投資家はいいカモにされるだけだ。私のアドバイスは手を出さないことだ。

第9条 投資にかかるコストに目を配る

 投資に関して、投資家にはどうしようもないことも多い。その最たるものが株価や債券価格の変動だ。しかしコストに関してはその意思さえあれば十分コントロールできる要因は注意深くコントロールすることこそ、すべての投資戦略の要なのだ

第10条 分散投資が大原則

 分散投資はリスクを軽減し、長期平均的に投資目標を実現するのに十分な水準を達成する可能性を、大いに高めてくれるだろう。したがってそれぞれの資産クラスに投資する時にも、なるべく多くの銘柄に分散投資をすることだ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く