ビックバン説の常識を覆す新たな宇宙論を、図解を交えて説いていく。

5231views幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙創生の謎にせまる [kindle版]

概要

果てしなく広がる宇宙はどのようにして形成されたのか。
ある一点が爆発して様々な粒子が撒き散らされ、そこから徐々に構成が形成され、銀河が形成されていったという、ビッグバン説が有力とされてきたものの、そこにはまだ、いくつもの謎がある。
いったい、何が、どこで、どのようなきっかけで爆発を起こしたのかということが、
全く謎になっており、いまだに解明されていない。
素粒子の世界にまでさかのぼり、宇宙創生の謎に数多くの宇宙物理学者、天文学者が挑んできたが、謎は謎を呼び、困惑は広がるばかりだ。
渦巻き状の銀河はいつ、どのようにして回転を始めたのか、よく分からない。
銀河は構成のゆりかごとされ、観測によって銀河の中で新たな星が生まれていることも確認できるが、その星のもととなったガスはいったいどこから来たのか、解明されていない。

ブラックホールの謎を解き明かし、膨張する宇宙の理由をイラストで図解。

2018年11月に刊行された同タイトルの書籍が待望の電子書籍化。

目次

第1部  宇宙誕生から地球誕生までのストーリー
第2部  宇宙はなぜ誕生したのか―宇宙の真理を探る―

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く