#人生を豊かにするメモ術

2846views634.kendo634.kendo

このエントリーをはてなブックマークに追加
メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

以下は私が重要だと思った文を抜粋したものです。
人生の軸(人生のコンパス)を持っている人は迷わない。

メモで鍛えられる5つのスキル

①アイデアを生み出せるようになる(知的生産性の向上)
②情報を素通りしなくなる(情報獲得の伝導率向上)
③相手の「より深い話」を聞き出せる(傾聴力の向上)
④話の骨組みがわかるようになる(構造化能力の向上)
⑤曖昧な感覚や概念を言葉にできるようになる(言語化能力の向上)

メモ術のポイント

①インプットした「ファクト(事実)」をもとに
②気づきを応用可能な粒度に「抽象化」し
③自らのアクションに「転用する」
→深めていけばビジネスモデルを作れる可能性あり

夢、願いを紙に書き付けることでその想いは格段に強くなる

解くべき課題を持っていなければ効率やモチベーションが下がる

メモで情報をアイデアに変える

抽象化

what型:目の前の現象や考え方を抽象化し、また別の名前をつけて呼び直す
how型:目の前の現象にはどんな特徴があるか深掘り
why型:ヒット映画が当たった理由を抽象化してまた別の企画に転用
①世の中でヒットしているもの
②自分の琴線に触れるもの
③顧客からの要望
④社内で起きている問題や課題

抽象化ゲーム

AはBであると言ってからそれらの共通点をhow型で炙り出して考えるもの
例:人生は小籠包である
①蒸す時間が必要
②核心が内側にある
③注意しないと火傷する

お金のあるなしに関係なくやりたいことが明確な人が1番幸せ

「やらなければならないこと」が次第になくなっていくこの世界において「自分が何者か」「なにをやりたいのか」を見つけることが重要

この時代において「オタク」が最強

ストーリーを語る際に重要なポイント

①エピソードを可能な限り「具体的に」話すこと
②「間」を恐れずに使いこなすこと
③双方向に話す
例:◯◯知ってますか?→少し時間をおく(考える時間を与える)

「自分」とアポを取る

=自分と向き合う時間を作る

メモの本質は「ノウハウ」ではなく「姿勢」である

感想

この本を読んでからとにかく情報を逃さないことを意識してやっています。質では前田さんに敵わないと思うので、とにかく量をこなすことで近づけたらいいと思って実践しています。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く