リリーの圧倒的な存在感と、魅力。カッコよすぎる…。

2843viewsaki3@LAaki3@LA

このエントリーをはてなブックマークに追加
リボルバー・リリー

肩を撃たれ、腿を撃たれ、尻を撃たれながら、満身創痍の二人は、前へ前へと駆け抜ける。

かつて「最も排除すべき日本人」と称された諜報員、小曾根百合。
そして、一家惨殺の生き残り、細見慎太。彼は、帝国陸軍の資金にまつわる
秘密を父から託される。

百合に救いを求めた時から、二人は陸軍に追われ、やくざに命を狙われながら、
逃避行を始める。

感想

二人の動きのように、スピード感あふれる短い文章。

アクションももちろんのこと、軍政の時代を生き抜いた登場人物たちが
あまりにも生き生きと動き回り、魅力を振りまく。

生きることは殺すこと。それでも、生き抜いてやる、そんな覚悟と勇気がとても新鮮だ。

一気に読みぬいて、まだまだ、読んでいたい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く