恐ろしさとやさしさを併せ持つ。日本一タフでネチッこい女刑事。

2727views退会済退会済

このエントリーをはてなブックマークに追加
福家警部補の報告 (創元推理文庫)

名作、「福家警部補シリーズ」の3作目。

出だしは、いつも殺人の実行から…。
つまり、犯人がすでにわかっている、いわゆる倒叙ミステリーものと
初めて遭遇したのが「刑事コロンボ」だった。

まあ、犯人が初めからわかっちゃうのなんて、どう、楽しめるんだろう、
って思ったのは最初だけで、すっかりファンになっていた。

「細かいことが気になる」なんてのは、「相棒」の右京サンと同じで、
福家もかなりネチッこい性格だ。

今回の作品も、相変わらずネチっこい捜査で、犯人を追い込んでいく。

だが、事件には直接関係ない人のほんの些細な屈託を取り除いてしまう
一言やアドバイスは、心をあっためてくれる。

事件のことしか頭にないようで、周囲の人を注意深く観察し、心を配る。
これが、福家の魅力の一つである。

しかし、何もかも見通しているかのような福家の恐ろしさは、十分描かれている。

やはり「少女の沈黙」では。

今は組を解散させているヤクザが、福家に事情聴取された後、
背中を見せて去っていくのだが、
「振り向かなかった。もう一度目を合わせたら負ける。
そんな思いに囚われていた…いったい何なんだ、あいつは。恐怖にも
似た余韻を…は感じていた」。

これが、福家の本当の姿なのだろう。

感想

3編からなるこの作品では、ところどころで、この作家さんの人気シリーズ「生き物がかり」の
日塔や石松が登場。

「少女の沈黙」では、「生き物がかり」シリーズの重要なキャラ、須藤と
少しだけだが「共演」している。

こうした「人事交流」は、両シリーズのファンには、またとないごちそうだ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く