仕事にやりがいか欲しい

3269viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
明日の子供たち (幻冬舎文庫)

90人の子供が住んでいる家がある。「あしたの家」という名の児童養護施設だ。三田村慎平は、その施設に新しく赴任する事となった。児童養護施設のドキュメンタリーを見て、仕事に行き詰まりを感じていたのも手伝って、一念発起して転職したのだ。
ど素人の三田村の存在と行動発言が、職員達や子ども達の気持ちを逆なでしつつ、かき回しつつ、本人の成長と周りの変化を生み出していく。

感想

知らない世界を知る事は大事な事。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く