本当に信じれる人とは?

2289viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
宝くじが当たったら

中堅食品会社の経理課勤務、年収四百万円の32歳、新堂修一、平均的な年越しを行う予定だったのだが、毎年恒例の年末のイベント、宝クジの当選確認がかれの運命を変える。
一等2億円が当たったのだ。
そこからが、イバラの道だった。平凡なサラリーマンがお金を持つと、、本人は、変わらなくても、周囲に振り回される?

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く