鍛冶師登場!

4994viewsまるをまるを

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4 (GA文庫) [kindle版]

プロローグ 「路地裏の最速少年」

一章 「神会」

二章 「変わる環境 変わる関係」

三章 「鍛冶師の事情」

エピローグ

クエスト×クエスト

女神のカンパネルラ

 激闘を経て、ベルもついにランクアップ。レコードホルダーとなったベルに、神会(デナトゥス)にて称号が決められる。その名は『リトル・ルーキー』!!新たな称号を手に入れたベルは、変わっていく周囲の環境に戸惑いながらも、鍛冶師のヴェルフ・クロッゾと出会い専属契約を結んでいく。果たして、ヴェルフとはどのような人物なのか?今回はそこまでダンジョンダンジョンしていませんが、中層への進出と、何かを予感させてくれる第4巻です。

 短編が2本入っております。一つ目はヘスティアファミリアの数少ない友好的なファミリアのミアハファミリアとのお話。もう一つは、ベルとヘスティアが出会った頃のお話です。

感想

 いつもよりは、ポップな雰囲気の第4巻。今後の展開の準備段階といった印象でした。個人的には、鍛冶師の登場も嬉しかったですが、短編の女神のカンパネルラがとても心温まるストーリーで、心がポカポカするような作品でした。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く