賢明な投資家は自ら判断する。

75573viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
敗者のゲーム〈原著第6版〉

優れた投資家が守ってきた投資について基本原則をまとめてみよう

①投資の最大の課題は、株式・債権・不動産などへの長期的な資産配分の決定である。
②長期的な資産配分の決定に際して考慮すべき点は、成長性・安全性・毎年の収入などだが、最も大事なのは、いつ資金が必要になるか、という点である。
③資産ごとにも、資産の種類ごとにも幅広く分散すること。暴落は必ず突然起きる。
④決めたことを一貫して忍耐強く実行する。上昇相場は最も悲観的な時に起こる。一喜一憂した時の損は大きい。「方針をきちんと立て、方針どおりに行動すること」。だからこそ、①の資産配分方針が重要である。

長期的には、ミスター・バリューはミスター・マーケットに必ず勝つ

 ミスター・マーケットのどんないたずらもそう長くは続かない。ミスターマーケットが楽観的な時も悲観的な時も、実体経済においては、財やサービスは普段どおり生産され流通する。長期投資で成功するには、ミスター・マーケットに惑わされずに、しっかりと自分の投資政策を堅持しなければならない。(親が反抗期の子どもに振り回されてはならないのと同じだ)。

投資は娯楽ではない

 投資で成功するうえでの最大の課題は、頭を使うことではなく、感情をコントロールすることである。ティーンエイジャーの子どもを育てる時のように、常に最大の目的を忘れず、落ち着いて、忍耐強く首尾一貫して行動することが必要だ。だから「己自身を知れ」ということが、投資における鉄則となる。市場という、きわめて情緒的な環境の下で、特にミスター・マーケットが投資家を振り回そうとたえず踊り続ける中、冷静で合理的であり続けるのは決してたやすいことではない。最も難しいのは最善の投資政策を作成することではない。むしろ、乱高下するマーケットに惑わされずに、特にその「天井」と「底」において、当初の投資政策を堅持し続けることである。

敗者のゲーム〈原著第6版〉

敗者のゲーム〈原著第6版〉

  • チャールズ・エリス

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く