『考える力』を身につけるために必要な「能動的な読書」とは?

6265viewsえるえる

このエントリーをはてなブックマークに追加
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

東大生の当たり前を言語化した『東大読書』で仕事・勉強すべてに活かせる。
速く読めて、内容を忘れず、応用できる。そんな奇跡のインプット術。

能動的な読書とは

  • 読み始める前に、本の表紙を見て内容をくみ取る
  • 読むための目標を設定する
  • 筆者に質問するように本と会話しながら読む
  • 「つまり一言で言うと?」と自問しながら読む
  • 同じジャンルの本を同時進行で複数冊読み、多面的に物事をとらえる
  • 似ているけど、少し違う本を読んで、別の切り口から考える

目次

はじめに 偏差値35だった僕を変えてくれた「東大読書」

PART1 地頭が良くなる「東大読書」の5ステップ

  • STEP1 仮説作りで「読み込む力」が劇的に上がる!

   東大生は「読み始める前」に考える

  • STEP2 取材読みで「論理の流れ」がクリアに見える
   東大生は「読者」ではなく「記者」になる
  • STEP3 整理読みで難しいことも「一言」で説明できる
   東大生は立ち止まりながら読む
  • STEP4 検証読みで「多面的なモノの見方」を身につける
   東大生はカバンに「2冊の本」を入れている
  • STEP5 議論読みで本の内容を「ずっと記憶」しておける
   東大生はアウトプットを重視する

PART2 東大流「読むべき本」の探し方

  • METHOD0 「得るものが多い本」をどう探すのか
  • METHOD1 売れている本・ベストセラーを選ぼう!
  • METHOD2 信頼できる人のレコメンデーション
  • METHOD3 時代を超えて読み継がれている古典
  • METHOD4 今年のマイテーマを決める
  • METHOD5 「読まず嫌い」を避ける

特別付録「読む力」と「地頭力」をいっきに鍛える

東大読書/東大選書のポイントを一挙に掲載!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く