一途に「お兄様」を想い続けた日々を淡く切なく書き上げる

3824views幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社

このエントリーをはてなブックマークに追加
月見草

待ち焦がれた手紙。
親の目を盗んで重ねた逢瀬。
一人の女性の、切ない恋愛エッセイ。

今のように携帯電話もなかった時代。好きな人とは、ひたすら手紙のやり取りをするしかなかった。手紙を出すときは返事が来るかどきどきして、返事の手紙が来れば夢のような気持ちがして……。
当時、下宿の上の階に住んでいた「お兄様」を好きになってしまった著者は、その後3年間のお付き合いをしたものの、別れた後、彼と会うことは一度もなかった。それなのに、85歳になった今でも、当時の淡い恋心は消えることなく、今でも彼への思いを綴っているのです。
たった一人の男性をひたすらに思い続けた女性の、自伝的恋愛エッセイ。

目次

第一章 初恋と再開
第二章 深まる愛
第三章 愛と自然
第四章 待つ心
第五章 葛藤
第六章 新たな旅立ち

月見草

月見草

  • 水原 秀子

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く