あなたはの終末はどんな衣装にしましょうか?

5351viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンディングドレス

最愛の人、弦一郎の死が彼女を絶望の淵へと陥れ、自らも死を選ぼうとしていた。そんな彼女が引き寄せられたのは、一風変わった「終末の洋裁教室」、つまり、死に支度、そう死に装束を作りましょうという講座だった。
そこで出会ったのは、3人の老女だった。
1回目の課題は、はたちのときにいちばん気に入っていた服。
2回目は、15歳のときに憧れていた服
3回目は、思い出の服のリメイク
4回目は、自分以外の誰かのための服
5回目は、自己紹介代わりの一着を縫いましょう
最終回は、次の季節のための服
自分と向き合う事で、彼女は自分を取り戻していくのだった。

感想

ゆっくりと死に迎え気がする

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く