著者まとめ!本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウの概要とは

4727viewsあびるあびる

このエントリーをはてなブックマークに追加
本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ

まえがき

アフィリエイトというのは、ほとんどの人が大して儲かりません。これはピラミッドの頂上だけが儲かる仕組みになっているとかそういうことではありません。漫画や音楽のようにスタートが簡単なだけに、単純にライバルが多く、更に難しい仕事だからです。
簡単にお金が欲しかったら、近くのコンビニなどでアルバイトをした方がよっぽど効率的です。儲からなくても漫画や音楽を趣味で続けられる人にはなかなか勝てません。アフィリエイトで稼ぐのがどれほど大変かは、最後まで読んでいただければご理解いただけると思います。

第一章 アフィリエイトの周りでカモる人たち

アフィリエイトの参加ハードルが低いということは、サイト制作にあまり詳しくなくてもチャレンジできるわけです。この詳しくない人達をターゲットにする人たちがいます。詳しくない人からお金を巻き上げる、要は詐欺師みたいなものです。

第二章 悪事を働く広告主!

アフィリエイターは成果にならないと報酬がもらえません。成果になったかどうかは基本的に企業を信頼するしかなく、ここは紳士協定です。
それをいいことに成果を承認しない広告主がいるから驚きです。それも名が知れた有名な企業だったりしますから二度驚きます。

第三章 深刻なASPの問題

前の章で「アフィリエイトの周りでカモる人たち」が広告主として登場していると説明しましたが、ASPは気がついていません。気が付いていて拒否していないとしたら、業界の将来より目先の利用料を取っているわけで、自体はさらに深刻です。

第四章 悪事を働くアフィリエイター!

アフィリエイトが嫌われている一番大きい原因を作っている人たちが、アフィリエイターです。黒幕はそのような行為を「儲かるぜ!」と指導している人達なのですが、実際に動いているのは無知なアフィリエイターです。

第五章 アフィリエイトで稼ぐための基本思考

アフィリエイトでうまく稼ぐというのは、普通の仕事より幅広い知識と能力が必要です。狭く深い職人タイプよりは、広く浅く吸収できる器用なオールマイティタイプの方がうまくいきやすいと思います。

第六章 ブログで稼ぐための考え方

特定のテーマに絞ったレビューブログなら成果があがる可能性が高くなります。既にブログの過去記事に特定ジャンルのレビューがたくさんある場合、その記事を別のブログに移動させることで、ブログから専門サイトに昇華させることができます。

第七章 集客のノウハウ

アルファブロガーというのは読者が多いブロガーのことです。彼らに「新しいサイトを作りました」とネタを提供すると、取り上げてくれることがあります。彼らもブログのネタは大歓迎だからです。もちろん、ネタにしてくれそうなサイトじゃないと相手にされませんが。

第八章 アフィリエイトで使えるプログラミング・テクニック

著者はプログラムの本をほとんど読んだことがありません。恥ずかしながら、読んでもあまり意味が分からなかったというのもあります。(笑)
ほとんどが配布されている無料プログラムを改造したり、ネット上で調べて得た知識です。

付章一 アフィリエイトのよくある相談25本ノック

Q:アフィリエイトで儲かるという情報商材を買ったが儲かりません。

A:情報商材に限らず、情報を得て儲かる人もいれば、儲からない人もいます。情報商材は高いので、普通の書籍を読んで勉強してください。安価に多数の良質情報が手に入ります。今回の商材代金は勉強料と思って次回がんばってください。

付章二 アフィリエイトの未来を語る座談会

キンドルやiPad、つまり電子ブックリーダーが普及すると、電子書籍を読む事に抵抗がうすくなり、情報商材は電子ブックと名前を変え、違和感なく読んでしまう人が増えるのでは?と思うのですが、どう思いますか?

付章三 ASPは諸問題をどう捉えているのか?

私のような1アフィリエイターがこのように解決策を考えたりしても、基本的には何も解決しません。音頭をとっているのはASPなのですから、解決にはASPに動いてもらうのが一番の近道ですね。そこで私は大手ASP各社に、意識調査のアンケートをお願いしました。まずは問題をどのようにとらえ、どのような解決を考えているのかを知る必要があると思ったからです。

付章四 広告主のカモられ方

広告主は広告代理店にアフィリエイト運用を丸投げするリスクを理解しておく必要があります。

おわりに

この本は、多くの「誰も言ってこなかったこと」を書きました。たくさんの人がショックを受けると思いますが、事実なので仕方ありません。問題が発生したときこそ、それを包み隠さずに認めて、改善することこそが、信頼を回復するチャンスだと信じています。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く