勇気なんて単なる感情のドーピングさ

75819viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイコパス 秘められた能力

鬱でさえ、悪いことばかりではない。最近の研究によれば、気分が落ち込むと思考力や注意力が増して、問題解決能力が向上する可能性がある

闇に潜む光

グループの意見に流されない。

 スペースシャトル・チャレンジャー号の爆発事故がいい例だ。立ち止まることが許されない大きな政治的圧力のもとで、NASAの科学者や技術者は、同僚のひとりがわずか24時間前にブースターロケットのOリングについて懸念を示しても、そろって受け付けなかった。何度か電話会議まで開いてその問題を詳細に話し合ったものの、結論は、あとから振り返れば不可解だが、続行というものだった。要は、さっさと仕事にかかれというわけだ。
 結局はそれが惨事につながった。調査の結果、事故の現況元凶として浮かび上がったのは、Oリングだけではなく、より感染力があって、癌のように知らないうちに進行する「共犯者」の存在だった。かび臭く息の詰まるような心理状態だ。事故原因究明のためにロナルド・レーガン大統領が設置した特別委員会「ロジャーズ委員会」の発表は、世界中の社会心理学者が口には出さないが抱え続けてきた懸念を裏付けた。
 それは、NASAの組織文化と意思決定プロセスが悲劇の発生に重要な役割を果たしたというものだ。周囲に同調すべきという圧力、軽んじられた警告、自分たちは無敵だという感覚。以上すべてが関係していたのは一目瞭然だった。
 では、群れずにいられること、みんなと同じだという安全地帯の外で自らの意思で行動できることも、群れることと同じ様に生まれつきのものなのだろうか。どうやらそうらしい―そして、怖いもの知らずで動じない少数派がわたしたちのなかで進化してきたらしい。

七つの決定的勝因

魅力と一点集中

 魅力とは「我慢ならないやつを丁重にもてなして、一気に、順調かつ効率よく自分の思いどおりに動かせるようにする能力」

精神の強靭さ

 自分が犠牲者になった場合―運命が逆転して自分がクビになるのを待つ立場になっても、いたって気楽なものだ。そういう神経の図太さ、逆境に対する計り知れない無関心さは、わたしたちのだれもが何かの形でもう少し必要としちるのかもしれない。

恐怖心の欠如

 「暴力で落とすんじゃない」とその男はいった。「暴力の脅威で落とすんだ。何かひどいことが起きる、すぐそこまで迫ってくるという考えが、発癌性物質みたいに心を蝕んでいく」

サイコパス 秘められた能力

サイコパス 秘められた能力

  • ケヴィン・ダットン

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く