レバレッジ英語勉強法

7070viewsえるえる

このエントリーをはてなブックマークに追加
レバレッジ英語勉強法

英語を勉強する本来の目的を考え、思考を変え、知識を増やすための1冊。

こんな人にぴったりの英語勉強法

  • 帰国子女でもなく、英語が得意なわけでもない
  • 面倒くさがり屋で、コツコツ努力するのが苦手
  • 仕事が忙しくて時間がない
  • 英語を話せるようになるで何年もかかると思うと、うんざりする
  • 『しかし、今すぐ話したい!!』

目次<抜粋>

1 生き残るための資産をつくれ!「英語が話せない」と格差が拡大する時代

  • 英語とは「投資アイテム」ではなく「資本金」である
  • 英語ができないと生じる「6つの格差」を認識する
  • これからの10年「自分資産」は「英語×IT」で殖やせ!

2 レバレッジが効く思考法に変える!「偏った英語」でレバレッジポイントを目指せ!

  • 「正しい英語」を話そうとしてはいけない
  • 「この年では遅い」という思考停止グセから脱出する
  • 「英語のインプット」をしすぎると、レバレッジがかからない
  • 偏ったやり方を仕組み化すると必ず話せるようになる

3 「無駄な投資」をしていないかチェック!「従来の勉強法」を「レバレッジ勉強法」に切り替える

  • 「目的地」を決めずにスタートを切ってはいけない
  • 従来の英語勉強法にある「7つのウソ」を見抜け
  • どこにでもある英語勉強法を自分仕様に変える

4 確実にリターンが取れる投資をせよ!本当にレバレッジが効くインプットをする

  • 「遅効性の勉強」と「即効性の勉強」の配分を間違えてはいけない
  • 「アウトプット」を基準に「インプット」すればムダがゼロに近づく
  • 英字新聞や文法は「切り捨てアイテム」と見なす
  • 「偏った英単語」を100個だけ覚える
  • 「偏った英語の言い回し」を20個覚える

5 「含み資産」を顕在化して資産に変える!英語をモノにするアウトプットの方法

  • 実現可能で「役に立つ!」アウトプット方法を試す
  • 英会話スクールを「偏ったアウトプットの場」にカスタマイズする
  • 「自己紹介」を極まると会話にレバレッジがかかる
  • マイルストーンとしてTOEICを活用する
  • 早わかり!TOEICで高得点をあげるテクニック

6 習慣化すれば挫折しない!3カ月で壁を破るレバレッジ・スケジューリング

  • 一生しゃべれないで終わるか、3か月でマスターするかを選択する
  • 3か月間、「成果が出ることだけ」を集中してやる
  • 早起きしない人は脳にレバレッジがかからない
  • 「習慣化する時間割」で英語を無意識レベルに刷り込む

7 優れたノウハウは人から学べ!ポイントが一目でわかる「レバレッジ英語」体験記

  • 他人の成功体験にレバレッジをかける
  • 感想

    「偏った英語」を勉強するのは非常に有効。
    特に、専門的な分野や仕事を英語でコミュニケーションをとりたいなら、英語のすべてを網羅する必要はない。

    社会人になってから英語を勉強する人は以下のようなハードルの高い目標を捨てた方が楽になれる。
    ・英語がペラペラなのを目指す
    ・色んな単語を知ってて正しい文法で話す
    ・きれいな発音

    何のために英語を使うのかをはっきりさせると、
    勉強の範囲が狭まるので、さらに効果が出やすい。
    ビジネス?旅行?仕事?

    英語の勉強だけに限らず、
    目的や目標からの逆算思考は人生において役立つ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く