賢くなるよりも幸せになるほうが大切だ

95969viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
「幸せをお金で買う」5つの授業 (中経出版) [kindle版]

Lectue1のポイント

1 新しい家を買っても、幸福になれるわけではない

2 経験にお金を使うことで満足感は上昇する

3 経験や買い物は、人の本質を浮き彫りにする

4 過去の思い出が自分に自信を与えてくれるときがある

5 喜びを与えてくれる4つの経験

6 物質的な買い物と経験的な買い物の違い

Lectue2のポイント

1 「あたりまえ」と感じていしまうことのマイナス効果

2 小さな喜びに鈍感になる危険性

3 失われていくものを、大切にしょうと思うようになる

4 楽しめるはずの旅行をつまらなくするもの

5 距離を置くことによって、新鮮味を取り戻せる

Lectue3のポイント

1 忙しく生きることは人を幸福にしない

2 豊かさを求めすぎると、自由な時間が奪われる

3 時間があると感じると、人生の満足度は上がる

4 たった1つの買い物が、1日に大きな影響を与える

5 幸せな時間を増やすことに重点を置く

Lectue4のポイント

1 心の健康な人々は、バラ色の未来を思い描ける

2 幸福を与えてくれる3つのパターン

3 「現在の威力」が持つ強烈なパワー

4 賢明なお金の使い方をすれば、幸福度は増す

Lectue5のポイント

1 他人への善行は自分を幸せにする

2 寄付をすると脳が敏感に反応する

3 幸福感を得るには人との「つながり」が必要

4 他人への投資は、精神的にも肉体的にもプラス

5 向社会的支出は、労働意欲を高める効果がある

6 「つながり」を提供すると顧客の満足を得られる

まとめ

★経験を買う
★ご褒美にする
★時間を買う
★先に支払って、あとで消費する
★他人に投資する

「幸せをお金で買う」5つの授業 (中経出版) [kindle版]

「幸せをお金で買う」5つの授業 (中経出版) [kindle版]

  • エリザベス・ダン,マイケル・ノートン,古川 奈々子

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く