なぜコスプレ衣装COSの味が変わったと思いますか

470viewssuogakunsuogakun

このエントリーをはてなブックマークに追加
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 3【電子限定イラスト特典付】 (ZERO-SUMコミックス) [kindle版]

なぜコスプレ衣装COSの味が変わったと思いますか?来てはいけない人が混入しています。

アニメは新しい趣味に火をつけました。それはコスプレです。この言葉は中国語で代用するのは難しいです。せいぜい「コスプレ」と言ってもいいですが、このように呼ぶ人は少ないです。コスプレはアニメファンがアニメのキャラクターと同じ服を着て、偽毛や小道具をつけてアニメのキャラクターを真似するもので、「再現度が高い」というのはコスプレに対する最高の評価かもしれません。しかし、ここ数年、多くの人がコスプレというサークルを発見して、ちょっと味が変わりました。そういうことですか
https://www.kakoicos.com/division-rap-battle-c-1_77.html
コスプレ衣装の最初の発祥地は実はアメリカです。アニメの天国日本ではなく、最初に人々が演じたのはアニメのキャラクターではなく、神話の人です。実はファンたちがコスプレを始めてからそんなに長くないです。ここ10年ぐらいでだんだんブームになってきました。早くも基礎施設が悪いので、コスプレは自分で作るしかないです。道具も精巧ではないです。だから、一番早いコスプレはよく「キャラクターを壊す」「殺馬特」などのレッテルを打たれました。

https://www.kakoicos.com/kannon-zaka-doppo-isho-p-361.html

今、コスプレは徐々に完全な産業チェーンを形成し、漫画展はコスプレのために舞台を提供しています。専門の商店が服装と道具を作っています。優秀なカメラマンが撮ってくれたり、修繕してくれたりしています。ますます多くの人がコスト活動を積極的に行ってみます。好きなお兄さんやお姉さんにコールをかける観衆も増えています。しかし、この危機はコスプレのブームに従って来ました。

人々は薄着をして漫遊展で見物する人が多くなることを発見しました。するとだんだん多くなってきたフリクションボールが現れ始めました。来てはいけない人も混じってきました。元々は「はたらく細胞 コスプレ衣装趣味服」とも言えるような服を着て、cos服と呼ばれるようになりました。もうちょっと露出してもいい人がいます。どうせ火が出るなら、なぜそうしないですか?コスプレの輪はますます険悪になります。アニメを見たことがないアナウンサーもウサギの耳をつけたり、看護婦の服を着たりします。二次元の名前をつける。
https://www.kakoicos.com/dirty-dawg-amemura-ransu-p-364.html
利益のあるところに取引があります。そこで、cosplayは横柄になり始めました。特に保護者と記者の囲いの下で、cosplayと関係のないものにも強制的に「cosplayは人を困らせる」というレッテルを張られました。結局、自分の家の子供が裸の服を着て、奇形の価値観を確立するのは誰も望まないです。利益を得るのはいつも「二次元」という名目でお金を稼いだり、流量を稼いだりする企業やブローカーです。

感想

https://www.kakoicos.com/yamada-jiro-isho-p-360.html

ヒプノシスマイク コスプレ衣装がますます「開放的」になって、輪に入る人がますます玉石混交になっています。利益を見た部外者も半足で一杯のスープを分けたいと思っています。視聴者やファンも還元度を重視するアニメファンから、どんなキャラクターでも太ももの綺麗なお姉さんを見たいという人たちになりました。この難問は少なくとも今のところ解けません。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く