「量」は全てに勝る!多読のススメ

6481viewsえるえる

このエントリーをはてなブックマークに追加
レバレッジ・リーディング

ビジネスで成功したい人のための効率的かつ戦略的な「ビジネス書」読書法

速読とは違う多読のメリットとは?

  • 情報の取捨選択能力がつき、主体的な思考力が身につく

(速読で読むスピードをあげても、理解できていなければ意味はない)

膨大な書籍から良書を選び出すには?

  • 読書の目的を明確にする
  • 自分にとって読みやすい本を選ぶ
  • 教養型より経験型

1日1冊を読みこなす効率的な本の読み方とは?

  • 16%(32ページ)をつかめばOK
  • ダメな本はすぐ捨てる

読書のための環境と時間はいかにして作り出すか?

  • 自分に合った読書環境を見つける
  • 制限時間を設ける

読んだままで終わらせないための工夫とは?

  • 考えたことは余白にどんどん書き込む
  • 読みながら自分に置き換えてシュミレーションする

本のエッセンスを実践に結びつけるには?

  • 線を引いたところを抜粋した「レバレッジメモ」を作る
  • メモは常に持ち歩き、空き時間に何度も読む

目次<抜粋>

ビジネス書の多読とは何か?

本探しは投資物件選び

1日1冊、ビジネス書を戦略的に読破する

読んだままで終わらせるな!

感想

早くたくさん読みたい派の私にとっては、
共感できる部分が多かった。
「本を読むことは良いことだ」と世間一般で認知されているのに、ほとんどの人は1冊も読まない。
他の人と差をつけるために、「読書」を武器にしたいなら、読むべき一冊。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く