30の心理的トリガーをあなたの仕事に活かそう

57171viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
シュガーマンのマーケティング30の法則  お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは

最大の武器「心理的トリガー」

 「心理的トリガー(引き金)―それはお客様の心に働きかけ、心を動かし、ついには購入を決めさせてしまう。
 ところが、こうした「心理的トリガー」の存在は、やり手のセールスパーソンでさえ、ほとんど知る人はいない。
 だからこそ、本書の心理的トリガーについて知ることは、知っておくだけで受注争奪戦の間ただ中にいる人にとって、強力な武器になるはずだ。

 巧妙な心理的トリガーも数々ある。予想を見事に裏切ってくるトリガーもあるだろう。また、あなたがすでに使っているトリガーもあるかもしれない。
 ただ、間違いないのは、セールスと顧客心理について書かれた本は少ないということだ。

 それもそのはず。

 通信販売と人的販売との間に興味深い関係があるにもかかわらず、重要性に気づいているのは「私以外」に存在しないからである。
 ところが、簡単に理解できて、すぐ身について、実践すればすぐに効果が出るような考え方が、私の発見した心理的トリガーにはいくつも存在しているのだ。

 これからご披露する心理的トリガーの多くは、私が今まで「言葉の力」で商品、サービスを売ってきた経験から生まれたものだ。
 簡単に言えば、私は通信販売広告のコピーライターを30年以上のしてきたのだ。
 その通信販売会社(JS&A)の社長は私自身であり、自分の会社のためにコピーを書いてきた。
  

 私がやったことは、すべて結果的に売り上げとして自分に直接跳ね返ってくるのだ。そうやって、どういう広告アプローチだとうまくいったり、あるいはいかなかったりするのか、その効果がどんな理由によるものなのかが分かるようになったのである。

 もう、驚きの連続だった。

 心理的トリガーのある1つの方法を使って、1000語ある広告の最後を変えただけで、レスポンス(問い合わせ数)が2倍に増えたことだってある。

 たった1つの考えを採り入れただけで売上が2倍になるなんて想像できるだろうか?

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く