道は開けるより今すぐ実践したい4つの教訓

2590viewsmaikomaiko

このエントリーをはてなブックマークに追加
道は開ける 新装版

1)多くの悩みを締め出すには

稀にしか起こらない出来事を気に病むのが人間の性質。一般人が心配している災難など起きないであろうという見通しに基づいて賭けを保険と呼ぶ。保険は平均値の法則に基づいた賭け。一般人が想像するほど多くは起きない災難に対し、平均値の法則によって、保険を引き受けている。悩みや不幸は想像の産物であり、現実のものではない。記録を調べ、頭を痛めている問題にどれだけの根拠があるか検討し、記録を調べ、自問する。「平均値の法則によると、不安の種になっている事柄が起こる確率はどのくらいだろうか?」

2)生活を転換させる指針

考えが今の私たちを作る。心構えが運命を決定する。明けても暮れても考えている事柄がその人なのだ。「人生とは、人の思考が作り上げるもの」。愉快な考え方をすれば愉快になる。みじめなことを考え始めたら、みじめになる。積極的な態度を身に付けよう。自分の問題に神経を集中させなければならないが、悩む必要はない。問題の本質を見極め、冷静に処理する。負けることもゲームの一部で、頂上を目指すものにとっての訓練。心構えで肉体的能力は左右される。考え方を変えれば、悩み、恐怖、病気も追い払え、生活を刷新できる。人は自分の心で考える通りの人になる。悩みの原因は、外部の状況ではなく、状況に対する自分の考え方にある。気持ちの持ちようで決まる。勇気と冷静さを持って創造的な思考をすれば、死刑台へ向かう途中でも景色を楽しむことが出来る。「自分に平和をもたらすのは、自分自身なのだ」。人は起こることをどう評価するかで傷つく。起こることをどう評価するかは、心にかかっている。行動と感情は同時に働く。意志の力で直接的に支配されている行動を規制し、意志に支配されにくい感情も規制出来る。快活さを失ったとき、快活さを取り戻したように振舞えば、幸福を生み出せるのに、どうして自分や周囲の人を不幸にしているのか?自分の考え方を根本的に変えてみよう。人は自分が欲するものを引きつけるのではなく、あるがままのものを引きつける。人が成就するものは、自身の考えがもたらした直接的な結果である。人間は自分の思考を高めていくことで向上し、成就することが出来る。自分の思考を高めなければ、いつまでも弱々しく、卑屈でみすぼらしいだけだ。快活に考え行動すれば自然に愉快になる。

3)フランクリン

厄介だと感じる理由は、賛否の理由全てが同時に心に浮かばず、ある瞬間には一方だけ現れ、別の瞬間には別の理由だけが現れて、もう一方は念頭になくなってしまうから。種々の目的や思考が交互に有力になることで不安が増し、当惑する。一枚の紙を二分し、その一方に賛成意見を、他方に反対意見を書き出す。種々の動機を賛否の項目別に書き出す。賛否の意見の軽重を検討し、一方と他方が同等と思われる際には、その二つを抹消する。このようにし、最終的なバランスシートを知る。さらに一日考慮し、双方に重大な変化が起こらない限り決定を下す。個々について比較検討ができ、全てが一目瞭然なので妥当な判断を下せ、性急な結論を出しづらい

4)疲労を忘れ、若さを保つ方法

悩むことは無益。悩みを軽減するには、誰か信頼できる人に悩みを打ち明けよう。悩みを詳しく打ち明ければ、心の中から追い出せる。悩みは分かち合わねばならない。この世の中の誰かが自分の悩みを聞いてくれ、理解してくれると感じよう。他人の欠点にいつまでもこだわらないこと。相手の良いところを全部書き出そう。近所の人々に関心を持つこと:自分の生活に関わりのある人に対して、友好的で健全な興味を深めていこう。緊張と疲労は人を早く老けさせる。悩みを追い出すにはくつろぐこと。

名言

今日だけが、自由に支配できる唯一の日だから、一日を最大限に利用する。

感想

道はひらけるを読まないなんて。。。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く