努力した人が報われるために書かれた本

3485viewsテレテレテレテレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事ができる人の最高の時間術 (アスカビジネス)

この本を読んだ経緯

・タスク管理能力を上達させ、効率よく仕事ができるようになるため
・仕事、プライベートの時間配分が下手で何かヒントがないか探していたため

この本から得たこと

目標コンパスシートを作成する

以下のことを紙に書き出すこと
・余命時間を計算
・現在の人生時給と理想の人生時給を計算し、何倍生産性を向上させるか
・パッション(情熱)と7年後の未来イメージを書き出す
・ミッション(使命)と7年後の未来イメージを書き出す
・与えられた仕事の目標を主体的な仕事の目標に変更する

1日1%の少差が1年後には大差になる

毎日101%の力で仕事をした場合と99%で毎日仕事をした場合では365日後には、
101%は1.01の365乗≒37.78≒37倍以上
99%は0.99の365乗≒0.026≒2%
で大差になる。今の自分の100%が何かは分からないこともあるが、自分のこれくらいできるから何かもう1つ、もう1アクション、もう1工夫を心がけて毎日仕事をしたい

8割を生み出す2割に投資する

80%の結果は20%の原因から生まれる。
重要な20%の仕事に全力を注いで、他80%の仕事の手を抜くことが大切。

この本で一番大事だと思ったこと

「心技体を磨く時間を確保する」
「心」を磨く:メンタルを鍛えること、気分をリフレッシュする行動
「技」を磨く:知識やスキルを身につける行動
「体」を磨く:美容・健康に気を遣う行動

実践してみたいこと

「心」を磨く:毎日寝る前に10分瞑想
「技」を磨く:週1冊ビジネス書を読んで書評を書く
「体」を磨く:毎日入浴前にプランク・入浴後にストレッチ

感想

図書館で借りて本を読んだが、本に書かれていることを何度か読み返しながら挑戦したいので購入する。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く